岡山で原発の再稼働阻止を闘う! 岡山市北区岩田町6-11nazen岡山


by nazen-okayama

百万人署名・岡山のビラ(20110913配布)

9月18日に岡山駅前で配布した、とめよう戦争への道!百万人署名運動・岡山県連絡会のビラ。
パソコンでご覧の方は、以下のページからpdfファイルをダウンロードできます。
http://dl.dropbox.com/u/20014389/genpatu7.pdf
a0238678_0422979.jpg

電力は水力と火力で足りる!
すべての 原発を廃止


安全な原発など存在しない
  
福島の事故は安全な原発など存在しないことを私たちに教えてくれました。これまで政府や電力会社は原発は何重にも安全対策をしているから絶対安全、事故は起こらないと言い続けてきました。
それにもかかわらず、事故は起こったのです。

財界はまだ原発を続けようとしている
 
これほどの事故を起こし、その解決のめどもたっていないにもかかわらず、政府・財界はまだ原発を続けようとしています。安全対策を強化すると言っていますが、彼らのいう「安全」という言葉を二度と信用してはなりません。安全な原発など存在しないのです。

政治家は原発をとめることはできない

なぜなら彼らは電力会社からお金をもらっているからです。
先日も原発事故賠償に関して、東電の負担は少なくし、国民の税金を投入する法律を成立させました。政治家は財界の見方であってわれわれ庶民の味方ではないのです。

放射能放出は今後、何十年も続く

福島原発事故はチェルノブイリ事故以上の事故になろうとしています。今後何十年にもわたって放射能を出し続け、日本の大地や海を汚染し続けるのです。

原発はトイレなきマンション

 電力会社は原発が出す膨大な核のごみの処分法のめどが全くたたないまま、原発を動かし続けてきました。本当に無責任というほかありません。放射能のゴミは十万年以上、管理が必要です。

子供たちのために原発はやめよう

子供の生命と健康を守ってやるのは大人の責任です。

原発がなくても電力は足りる

原発をすべてとめても電力は水力と火力で十分まかなえます(裏面参照)。現在、休止中の火力発電を動かせば原発の穴埋めは十分できるのです。

ドイツ、イタリアが原発廃止

 ドイツは福島の事故を教訓にして、すべての原発を十年以内に廃止することを決定しました。イタリアも国民投票で原発廃止を決めました。それなのに事故を起こした日本がまだ原発を続けるというようなことがあっていいのでしょうか。
[PR]
by nazen-okayama | 2011-09-18 00:45 | ビラ